プロミス評判通りに審査を早くするためには

プロミス評判をみてみると審査が早かった人、審査に時間がかかった人に違いがあります。
その差はいったいなんだったのでしょうか。
今日、どうしても借り入れをしたい、そう考えているあなたに、審査をより早く通すための必要書類をまとめておきましょう。

 

必ず必要なものとしてまずは本人確認証があります。
本人を確認するものとしては公的な証明書になります。
運転免許証やパスポート、健康保険証であれば身分証明として使うことができます。

 

またプロミスからの借入希望額が50万円を超える場合、収入証明が必要になります。
プロミスからの借入希望額を含めて消費者金融からの借り入れが100万円を超える場合にも収入証明が必要です。
この場合、消費者金融と限られていますので自動車ローンや住宅ローンなどの各種ローンは含まれません。
収入証明となるものは下記になります。
・最新の源泉徴収票
・最新の確定申告書
・直近2ヶ月の給与明細書と1年分の賞与明細書
賞与がない場合には賞与証明書は必要ありません。

 

必要書類がそろっていることで審査も申し込みもスピーディーに進めることができます。
収入証明は総量規制に基づいてのものとなりますが、プロミスの判断でそれ以外の場合でも収入証明が必要とされることもあります。
例えば他社からの借り入れ状況であったり、職種が安定した収入とは言えないと判断した場合についてです。
念のため収入証明も用意しておくことで審査は素早く進んでいくでしょう。

使いやすい消費者金融を選ぶコツ

使いやすい消費者金融を選ぶコツはそれほど難しくありません。自分がお金を使う目的が明確になっていれば、消費者金融が選びやすくなります。大きな金額を借り入れしたいという場合もあれば、少額を借りてこまめに返すという場合もあります。使いやすいというのは、この使い方によっても変わってくるでしょう。

 

借り入れ先を選ぶときには、金利を重視することが多くなるのですが、ほんの少しの金利の差であれば、ATMが多い消費者金融を選ぶというのもよいのです。立ち寄り先にATMが数多くあれば、借り入れも返済も手軽にできます。あるいは、ATM以外の返済方法がたくさん利用できるという消費者金融もよいでしょう。

 

利用のコツは一度借り入れすれば分かりやすくなります。借り入れ前ではよいと思った消費者金融が、「ここで借りなければよかったな」ということになってしまうこともあります。引っ越しなどで状況が変わることもあるでしょう。そういったときには、借り換えを検討するのもひとつの方法です。

 

使いやすいというのは、それぞれの人によって大きく差が出てくることがあります。口コミ情報は確かに参考になるのですが、必ずしもそれを全面的に信じてしまうのではなく、自分でもスペックなどの情報を比較したほうがよいでしょう。時間がないときほど、急いでとりあえず借り入れをしてしまうものですが、インターネットなどでひと手間かけて情報を収集すれば、後で大きな違いとなることもあります。

ネット申し込みを活用して素早くプロミスを利用する

審査の結果がいち早くわかるのはインターネット申し込み、これはプロミスでも変わりありません。
インターネットにつながっているのであればパソコンでも携帯電話でもスマートフォンからでも申し込みを行うことができますが、ここではパソコンからの申し込み方法を確認しておきましょう。

 

パソコンからの申し込みは24時間いつでもOKというところに魅力があります。
ただし即日融資を希望するのであれば自動審査対応時間を覚えておきましょう。
自動審査は9時から20時となっています。
審査が完了してから契約となり、そこからさらにキャッシングのためにはネット申し込みの場合カードが後日郵送となりますので当日のキャッシングは振込みしかありません。
夜でも振り込みが可能になるのは「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座を持っていることに限られていますので注意をしておきましょう。
また、審査だけをインターネットで行い、契約はWEB契約ではなくそして郵送契約でもなく、来店契約をすればその場でカード発行と借り入れもありますので即日融資は難しくないでしょう。

 

郵送でもWEB契約でもカードが到着するまでは借入ができないというものではなく振込キャッシングを活用することはできます。
お持ちの口座に三井住友銀行かジャパンネット銀行があればプロミスでは24時間365日いつでも即座に振込の即日キャッシングができますので活用の幅がぐんと広がってくるでしょう。